おすすめスポット

キラリと輝く、自立を育む、交流創造の郷「東栄町」
豊かで、のどかな自然に囲まれたこの地で【次の人生】を心豊かに過ごしてみませんか?

お問い合わせ

おすすめスポットムービー

おすすめスポット紹介

東栄町には見どころ、観光スポットがたくさんあります。ここでは、そんな東栄町の魅力をほんの少しだけご紹介します。
●とうえい温泉
とうえい温泉のお湯は、身体の芯からじっくりと気持ちよくあたたまり、やさしい泉質として多くの人から好評をいただいているそうです。川のせせらぎを聞きながらお風呂が楽しめます。
●榊鬼
榊鬼は花祭りの目的である「生まれ清まり」を実現するための呪法である「へんべ」を踏む唯一の鬼で、このことから最も重要な役鬼とされ、花祭りのシンボルでもあります。

※ 花祭りとは霜月神楽の一種とされる祭りで、神を迎え、悪霊を払いのけ無病息災、五殻豊穣、村中安全を願い、東栄町内各地で、夜を徹して盛大に開催されています。


 
●蔦の渕(ツタのフチ)
町を西から東へ流れる大線瀬川のほぼ中央にかかる、幅約70メートル、落差約10メートルの大滝です。
「奥三河のナイアガラ」の異名を持ちます。とうえい温泉の裏側にある展望台は、滝を見るために設置されたもので、一番きれいに見えるようです。

●民芸館(森の12施設)
有史から現代までにこの地域で使用された民具約10,000点を 収蔵展示し、 この地域の人たちの生き様を浮きぼりにする施設。館内には県指定有形民俗文化財「産小屋」をはじめ、町指定有形文化財「金指桝」といった貴重な資料も多く含まれる。 古い時代に東栄町で使われていた道具や文献など、衣・食・住あわせて約10,000点を展示し独自の民族文化を保存伝承する施設。

●博物館(森の12施設)
化石ファン垂涎の的といわれる新生代第3期層の化石は、比類なき充実ぶりを見せる。 地域に生息する動物や植物などの標本は、見るものを飽きさせない。 全国的にも有名な北設楽郡の化石を中心に、鳥獣類のハクセイや昆虫、植物の標本など約2,500点を保存展示

●花祭り会館(森の12施設)
700年前からの伝承を今に伝える花祭り。 この正統な伝統を未来へ伝えるべく建設されたこの会館は、古文書や映像資料・祭具等の収集展示を行なっています。 マルチスライドや人形を駆使しての疑似体験は、臨場感にあふれ、祭り本番さながらの雰囲気を味わえます。

背景画像は、とうえい温泉 はなまつりの湯にある「榊鬼」